ストーカー規制法の適用

平成12年の11月24日に「ストーカー規制法」という法律が施行されています。ストーカー規制法は、被害者を援助し、守るための法律です。ストーカー規制法によって規制できるのは「つきまとい行為」「ストーカー行為」の2種類の行為です。

ストーカー規制法の適用(つづき)

つきまとい行為には、待ち伏せや押しかけ、「監視している」などと告げることや、面会を強要することなども含まれます。

その他、無言電話や乱暴な言動、汚物などを送りつけるなどの被害は全てストーカー行為として、ストーカー規制法の適用範囲となるようです。

ここで言う「ストーカー行為」というのは、上記のつきまとい行為などを「繰り返して」行うことを指します。

コーヒー

また規制が適用されるのは、ストーカーによって身体の危険にさらされる場合や、住居等の平穏や名誉を害されると判断された場合、ストーカーの恐怖などで行動の自由を害されるような場合と定められています。

ストーカーは、加害者の精神状態が正常でない場合が多いのですが、それと同時に被害者の精神をも脅かします。

被害を受けた事が原因でノイローゼになったり、「PTSD」を引き起こしたりする場合もあります。

PTSDとは「心的外傷後ストレス障害」とも呼ばれるもので、命に関わる危機的な状況を経験することで、それがトラウマとなっていつまでも意識に残り、様々な精神不安を引き起こす病気のことです。

過去に実例のある事件の中には、命の危険を伴ったものがいくつもあります。ストーカー被害の特徴に、つきまとい行為のレベルが徐々に危険度を増してくる、という報告結果も出ています。

ストーカー行為は、エスカレートすれば被害者自身の命の安全を脅かされることにもなり得るということを、決して忘れてはいけません。

HOME|ストーカー被害の発生件数 | ストーカー規制法の適用 | 遭いやすいケース | 被害によるダメージ | 相談できるところ |
ストーカーの心理
| 加害者の「被害者意識」 | ストーカーと人格障害 | 人格障害の特徴と要因 | ストーカーの常習性 | ストーカー事件例 |

 

CopyrightストーカーのすべてがわかるAllrightsreserved.

privacy