加害者の「被害者意識」

多くのストーカー加害者に共通して言えることは、「加害者意識が希薄である」ということです。どんなに被害者の心理状態を追い詰め、苦しめていたとしても、加害者側はそれを認識していない場合が多いようです。

加害者の「被害者意識」(つづき)

カウンセラーなどを通じて、被害者がどれほど苦しんでいるか、迷惑しているかを間接的に伝えると「意外だ」と感じる人が多いのです。ひどい場合には、多少喜んだ表情まで見せる事があるといいます。

ストーカー犯罪の加害者は、自分を加害者だと認識する以前に、真逆の「被害者側」の立場だと感じていることが多いようです。「捨てられた」「振り向いてももらえない」と、見捨てられた被害者だと思っているのです。

被害者意識は、自分が違法行為によって相手を苦しめはじめても、簡単に切り替えられるものではないようです。

ストーカーイメージ

相手の心に入り込もうとすることで、頭がいっぱいなのですね。ですから、当事者同士の話し合いなどで簡単に解決できることではないのです。場合によっては、被害者と加害者による直談判は危険を招く恐れもあります。

またストーカー加害者は、非常に依存性の高い人格を持っていると言えます。被害者(元パートナー)がいないと生きていけない、他のことは何も考えられないと完全に信じきっています。

自己愛の強さや依存性の強さは、交際中などに相手に悟られている場合が多いと言えます。それが破局の原因になり、ストーカー行為を導いていると言っても過言ではありません。自分自身で、全てを空回りさせてしまっているのです。

HOME|ストーカー被害の発生件数 | ストーカー規制法の適用 | 遭いやすいケース | 被害によるダメージ | 相談できるところ |
ストーカーの心理
| 加害者の「被害者意識」 | ストーカーと人格障害 | 人格障害の特徴と要因 | ストーカーの常習性 | ストーカー事件例 |

 

CopyrightストーカーのすべてがわかるAllrightsreserved.

privacy